Android携帯Sony Xperia Z Ultra入手

Xperia Z ultra

このたび晴れてAndroid携帯を手に入れましたので使い方の備忘録を残していこうと思います。
先日iPad4をSMARKETというオンラインの買取サイトで売りまして、その売れたお金でこれを買うことにしたのです。

スポンサーリンク

Xperia Z Ultra開封

▼箱を開けてみるとApple製品と同様のピシッと収まった製品が登場です。
iPhoneやiPadを買ったときはこの箱に寸分狂わずぴったりと収まった製品にワクワクしたものですが、なかなかどうしてSONYの製品もしっかり収まってますよ。
Xperia Z ultra

▼本体をどかした後の箱の下段にに入っていた付属物はこれらです。
見慣れたものもあり見慣れないものもありです。
Xperia Z ultra

▼まず見慣れないものはこれです。
コンセントプラグをUSB電源に変換するアダプターには間違いないと思いますが、どこの国向けなのでしょうか。

少なくとも日本向けではないのは間違いないです。外国に頻繁に行くわけではないので、自分の場合これを使う機会はおそらくないのではないでしょうか。
Xperia Z ultra

▼マイクロUSBケーブルです。長さは50cmぐらいでした。マイクロUSBケーブルは良いですよね。AppleのLightningケーブルと違って100円ショップでいくらでも売っています。しかも簡単に壊れませんから助かります。
Xperia Z ultra

▼イヤホンパッドとクリップですね。イヤホンはiPhone用やらBluetoothタイプやら複数持っているのでこれも使わずに取っておきましょう。もし下取りに出す機会があったらこういうものが未使用だと少しは価値が上がるかもしれませんので。
Xperia Z ultra

▼こちらがイヤホン本体です。Z Ultraは携帯電話ですからこのイヤホンも通話機能があるはずです。こちらもiPhone用やらBluetoothタイプを持っているので未使用のまま取っておきます。
Xperia Z ultra

▼縦に見て画面に向かって右上の部分にフタがあります。そこを外すとMicroSIMとMicroSDカードを入れるスロットになっています。
右側がMicroSIMを入れる箇所で、左側がMicroSDを入れるスロットです。
SIMの差し込み口のすぐ上になにやら厚手の紙?でできたカードみたいなのが入っていて引っ張っても抜けません。
なんのために入っているのか不明です。
Xperia Z ultra

▼ちなみに取扱説明書には日本語は一切書かれていません。本来日本向けはかならずどこかのキャリアを通して売られているのでしょう。
Xperia Z ultra

▼こんなふうに引っ張り出せるんですが、ここで止まってしまいます。何かしら注意書きが書かれているのだと思います。
Xperia Z ultra

EXPANSYS.JPでSONY Xperiaを見る icon icon

まとめ

ということであまり有益ではない内容ではありますが、Xperia Z Ultraの開封の様子でした。
またアクティベーション等については別の記事で紹介します。