chromebookでdeleteキーの機能を使いたいと思ったらこれしかないのか

hp chromebook G4

Chromebookでのカーソルより右の文字を消したいときの話。

windowsではカーソルの右の文字、左の文字をそれぞれ消したいときのためのキーは個々に用意されています。すなわちDELETEキーとBS(backspace)キーです。

Macの場合は表面的にはdeleteキーしか右上になくそれはbackspaceの機能しかありませんが、CTRL+dと押せばどの場面でもカーソルの右側の文字を削除できます。

ではChromebookはどうか?

やはり同じように便利に使いたいですよねえ。

スポンサーリンク

Chromebookでのdeleteキーの機能

Chromebookではいろいろなショートカットが用意されていますが、カスタマイズはほとんどできません。

これは意外でした。きっと使いやすいようにカスタマイズできるんだろうなあと当たり前のように期待していたんですが残念です。

それでwindowsでいうところのdeleteつまりカーソルの右側の文字を消すキー操作はALT+backspaceです。
片手操作できればまだすぐ慣れることが出来たかもしれませんが、両手操作をしてしまいます。右手だけでALT+deleteと押すことももちろん簡単にできますが、左手で操作するのに慣れているのでどうしても左手でALTを押して右手でbackspaceを押してしまいます。

これしか方法がないというのでは仕方ありません。

あちこちネットでショートカットのカスタマイズについて調べましたが、そういう情報はついぞ見つかりませんでしたのでできないのでしょう。

慣れましょう・・・

Chromebook – Amazon.co.jp
Chromebook – ebay.com

2016/07/21 追記
日本語入力設定でキーマップをことえりにすると日本語入力のときだけはCTRL+dでカーソルの右側が消せるようになると読者の方から教えていただきました。
ありがとうございます。

フォローする

関連記事と広告