iPhoneであった時計アプリはAndroidではどうなっているか

iPhoneでの時計アプリ

iPhoneからAndroidへ移行する可能性のある方(うちの場合嫁)のために記録しておきます。

時計アプリなんて空気みたいな存在で普段ほとんど意識することがないです。

Androidの場合、時計アプリはありますが、他のアプリ同様ホーム画面に置いても置かなくても良いのです。
私はアイコンの代わりにウィジェットをホーム画面に置いていますので時刻がホーム画面を見るとすぐわかるのとともに、その時刻のデジタル表示部分をタップするとアラーム設定画面をすぐに開けるので便利に使えます。

スポンサーリンク

Androidの時計機能

▼こんなふうにウィジェットとしてホーム画面の真ん中に置いてあることもあります。
ブルーライト軽減フィルター適用前

▼iPhoneの時計とまったく遜色ない機能を備えています。
まあ世界シェアで見ればiPhoneより強いので当然といえば当然なんですけどね。
左)アラーム設定 右)世界時計
Android時計の機能Android時計の機能

左)ストップウォッチ 右)タイマー
Android時計の機能Android時計の機能

残念ながらAndroid5.0では時計アイコンの針は動きません。iPhoneでは時計アイコンの針がリアルタイムを示しているので優位性が見られますが、これって実際iPhoneのこのアイコンを見て時刻確認している人なんているのかなあって疑問に思う機能です。

こんなところにまで機能を盛り込んでるぞ「ドヤッ」っていう意味だと思ってます。

まとめ

そんなわけでiPhoneであった時計アイコンはAndroidでも時計アイコンとして置けるし、ウィジェットとしてデジタル時計を置いておくこともできます。また時計のアプリも無数にありますので何か別の機能をもったものがあるかもしれません。

フォローする

関連記事と広告
関連記事