スマホの液晶に保護ガラス装着

zenfone2へ保護ガラス
zenfone2の開封を済ませたらすみやかに液晶画面の保護をしたいものです。
つまり購入はスマホと同時かやや早いくらいでないとスムーズにスマホ使用に入れないということになりますね。

スマホの液晶保護フィルムは無数にあって消耗品でもありどれでもいいんじゃないの、とか安くて全然かまわんでしょ、とかいろいろ思っていましたが、今回は初めてガラス製の保護フィルムを装着してみようと思います。Amazonで780円と安かったのです。

ガラス製ということは貼り付けるときダラっと貼れないのでは?という疑問がありましたが、確かにそのとおりでした。ダラっとしてません。最初から最後までまっすぐ平面状態です。

装着は息を止めて行います。というのは極端ですがほぼ意識は呼吸を止めている状況です。
ではどんなのか簡単に紹介します。

スポンサーリンク

スマホ装着保護用ガラスフィルム


ガラス製なのでAmazonから到着したときは当然折り曲げ厳禁状態でした。ここで曲がっていたら初期不良のさらに手前の輸送事故ですから。

▼開封してみると乾燥した紙、濡れた紙、クロス、意味不明のシール、本体ガラスという内容物でした。
zenfone2へ保護ガラス

▼ガラスフィルムの装着の直前にスマホの梱包を解かないと液晶画面の掃除に手間取ることになります。
もし保護フィルムの到着が遅くなるようで、スマホ使用を待てるようなら待ちましょう。

画面にホコリ一つ付いてないうちに作業を速やかに終わらせたいと思います。
zenfone2へ保護ガラス

▼装着完了です。実際装着中の写真なんて撮っていられませんwww
ただガラスフィルムがたしかにガラスです。
zenfone2へ保護ガラス

微妙に位置を間違えることはよくあることですが、剥がすときにゆっくりそおーっと剥がさないとおそらく割れます。ガラスといってもまったく湾曲がないわけではありませんので徐々に液晶画面から離れてゆっくり剥がれていきます。

いつまでもモタモタしているといつのまにかホコリを吸い寄せてしまい隙間に入り込んでしまいますのでとにかく速やかにです。

今まで柔らかな樹脂製の保護フィルムを何枚も試してみた自分ですが、ガラスフィルムは気泡が入りにくくて良いと感じました。

また仮に気泡が入ってしまったとしてもそおーっと抑えて外側に押し出すようにすると比較的簡単に除去できます。

誰でも簡単というわけではないかもしれませんが、これはいいです。価格が同じならガラス製を薦めます。

フォローする

関連記事と広告