IIJmioでタイプAというAU回線を使うプランがあったがテザリングへのハードルが高すぎたのでドコモ回線に変更した

IIJmioでのAU回線テザリングできない?
IIJmioのファミリーシェアプランというのを使っていてiPhoneにマルチSIMとかいうちょっと意味不明なままだったnanoSIMを入れていました。

でiPhoneでテザリングしようとしたら冒頭のような画面が出てわけがわからなかったのでSIMを変更してしまいました。
そういうお話と変更するのにどれくらいお金がかかったかという話。

スポンサーリンク

IIJmioのタイプA(AU回線)はテザリングハードル高すぎ

IIJmio

そもそももともとAUのSIMはNexus5xに入れていたのですが、最近MOTO Z2 playという機種に買い換えてAUのSIMを入れてみたところ見事に電波を補足できずiPhoneに入れていたドコモのSIMと入れ替えたわけです。

それを気軽にやってしまってLINEPayの残高が吹っ飛んだという苦い経験もしたのですが、今では残高がが無事に戻り平穏な毎日を送っておりました。

しかしある日iPhoneのでテザリングしようとして[設定]→[モバイルデータ通信]と進んでテザリングしようとしたら変なAUのサイトに飛ぶんです。

iPhoneでテザリングしようとしたのは久しぶりだったのとAUのSIMにしてからは初めてだったので実に戸惑いました。

こんな画面が出てはテザリングなんてとてもできないようなもので、「今使っているスマホ以外で通信するなやオラ」とでも言われている気がしました。

あっさりSIM切り替える決意

IIJmio SIMカード

IIJmioのサイトでSIMのキャリアの切り替えは簡単にできるのかなと調べたところ電話番号は変わるもののできるということなのでもうその日の内に申し込みをしました。

IIJmioのSIM切り替え可否
タイプAがAU回線でタイプDがドコモ回線です。

申し込んだ翌々日にSIM届く

切り替え申し込みをした直後にこんなメールが届き、翌日には発送しましたというメールが届き、さらにその翌日には手元に届きました。
IIJmioのSIM切り替え手続き案内

注意書きがあって新しいSIMが届く前日に前のSIMが使えなくなると書かれていたのですが、そんなことはありませんでした。

一番の懸念はLINEアカウントの継承

前にも気軽にSIMを入れ替えてLINEPay残高が一時的に吹っ飛んだ経験があるので今回は慎重に行います。

LINEのヘルプにも書いてあるのですが、iPhoneでは[設定]→[アカウント]→[電話番号]→[新しい電話番号入れる]→[番号認証]と進んで新しいSIM宛にSMSで暗号キーが届いたらそれを入力するだけです。

さてそうはいっても果たしてこの作業をSIM入れ替え前に行うのか後に行うのかという疑問が残ります。

一応SIM入れ替え前に新しい電話番号を入れて[番号認証]というキータップまで進みました。そして速やかにSIMを入れ替えたらすぐにSMSへ暗号キーが届きましたのでそれを入れたら無事継承が完了しました。

SIMの返却

SIMを切り替えたらなぜかIIIJmioの会社へSIMを返送しなければならないのです。

宅急便かなにか使うと800円近くかかってちょっと高いですよね。

ぼくはハガキに貼ってしまいました。こんなかんじ。
SIM返送SIM返送

まあ届けばいいんでしょ。封筒に入れて送ろうとハガキに貼って送ろうと機能はほぼ送付ですから。

ドコモ回線だとテザリングできたか

ちゃんと簡単にテザリングできました。もちろんSIMフリーのiPhoneですよ。

わけのわからないログイン画面など出ずにサクッとできました。
IIJmioのタイプDでテザリング

SIM切り替えにいくらかかったのか

2000〜3000円ぐらいは当然かかるんだろうなあと覚悟はしていたのですが、何やらちょうどキャンペーン中だったようでSIMカード発行手数料とやらはかかりますが、切り替え手数料とやらは無料でやってもらえました。
IIJmio SIMカード変更無料
IIJmio SMS機能付きSIM

ちなみにSIMカード発行手数料(タイプD:394円、タイプA:406円)ということで今回タイプDを発行してもらったので394円はかかります。あと返送代で52円かかりました。

ただキャンペーンは切り替え手数料だけじゃなかった

IIJmio追加SIMの手数料もタダ
ミニマムスタートプランとライトスタートプランでは最大2枚までSIMが申し込めて、ファミリーシェアプランというのを申し込むと1契約で最大10枚まで申し込めます。

それらの追加で申し込むSIMの手数料が(発行手数料はかかると思うよ)通常2000円かかるところ0円です。

今後通信機能付きのパソコンやタブレットを絶対買わないともいえないならこの機会に申し込んでしまったほうが後々うれしいでしょう。

ただし注意は解約やら切り替えやらで契約内容を今後減らす場合に絶対返送しないといけないはずなのでそのときに無駄にSIMカードを持ちすぎていると紛失の恐れがあります。

紛失して返却できないと絶対ペナルティを払わされるので必要ないのに申し込むのはやめておいたほうがいいです。

まとめ

ということで今回のまとめは

  • AUキャリアのSIMだとSIMフリーのiPhoneでも気軽にテザリングできなかった
  • IIJmioはSIM切り替えが安かった(期間限定)
  • ドコモ回線のSIMだとあっさりテザリングできた
  • IIJmioのSIM追加キャンペーンやっているから追加のチャンスではある(期間限定)
  • 爆安だからって無駄に入手しすぎると管理が大変だよ

話題の格安SIM。シミュレーションで節約料金をチェック/IIJmio

フォローする

関連記事と広告