Android WearでLINEメッセージへの返信が数タップと声だけのハンズフリーで簡単にできた楽しい

AndroidWear Wireless Charger
Android Wearであるmoto360を買っていじくっております。
【関連】健康管理のためと興味半分であるがAndroid Wearのmoto360を購入 | ヤルッツェブラッキン
LINEの返信ががめちゃくちゃかんたんに手軽にできるということがわかってしまったのでお知らせしたいと思います。moto360だけではなくその後に買ったソニーのSmartWatchでもできました。

おそらくAndroid Wearならどれでもできるのではないでしょうか。

LINEといえばFacebookやTwitterを抑えて日本でシェアトップのSNSサービスです。
FacebookやTwitterは使えずともLINEだけでも簡単に使えればいいなあなんて思ってました。

そして今日嫁からLINEでメッセージが入ったのです。千載一遇のチャンスではないですか。この機会に(自分の中での)Android Wearの代表moto360でLINE使ってみましょう。

スポンサーリンク

moto360によるLINE返信

▼一見他愛もない今夜のおかずはカレーであるという結論の嫁との会話ですが、実はこの会話のうち私の方から発している発言はすべてmoto360に話しかけて返信しております。
moto360によるLINE会話

あいにくmoto360でのLINE返信画面が数秒で消えてしまうのでスクリーンショットを撮ることができませんが、言葉だけでの説明になることをお許し下さい。

大雑把な画面遷移と処理は以下のようになっております。

  1. LINEメッセージ着信をスマホが震えることで知る
  2. 一瞬(約0.5秒後)moto360が震えて何かあったことを知らせる
  3. 腕を持ち上げて画面を見るとLINE着信とか書いてあって嫁からのメッセージの一部が表示されている
  4. 画面をタップするとメッセージが全文表示される
  5. 左にフリックすると返信ボタンが現れる
  6. その返信ボタンをタップするとマイクオン状態になる
  7. moto360に向かって「ゆけジャイアントロボ」と喋る
  8. 話すのをやめると終了をmoto360が検知し送信というメッセージを丸いX印とともに表示する
  9. その丸いX印の周りをタイマーが一周するアニメーションが表示され一周回り切ると送信する
  10. メッセージを入れなおしたければアニメーションの途中でX印をタップするとたぶんもう一度話せる

という流れになっております。
会話のスレッドはmoto360の画面には表示されません。
ちなみにAndroid Wear用のLINEアプリというのは特になく、通常のLINEアプリがAndroid携帯電話に入っていればできるようです。

>>Android WearをExpansys.jpで見る
icon

フォローする

関連記事と広告