BluetoothマウスをChromebookに導入したらかなり快適になってこれは使えるかもという期待は大きい

BluetoothマウスをChromebookに導入

ここ最近(2017年後半)Chromebookをなんとかもっと使いこなせないかと試行錯誤をしていましてその使いこなせない理由の一つがタッチパッドにあるのではないかということを感じ始めていました。

なぜかというと、それはChromebookのタッチパッドがはっきりいって使いにくいのです。

Chromebookの仕様が悪いのか自分のAcer R13がイマイチ芋なのかはわかりません。

ただ前に使っていたHP chromebook G4のときも同じように使いこなせない感をなんとなく感じていたのでおそらく仕様によるものではないかと思います。

そこで今回マウスを使ってみたらもう少し使い勝手が良くなるのではないかと考え、導入してみることにしたのです。

どうせマウスを導入するならワイヤレスでしょう。そしてどうせワイヤレスなら余分な受信機のないタイプがいいと考えました。

そこまで考えに考え抜いて選んだ機種がメーカー不詳(笑)の今回のマウスです。メーカーは聞いたことないですが結論をいうとマウス使って大正解ということがいえます。

世界70億のChromebookユーザーはマウスを使うべし。

スポンサーリンク
Chromebookではマウスを使った方が生産性が大いに改善

買ったのはこの商品

▼こういう箱に入ってきました。トノーっていうの?BluetoothマウスをChromebookに導入

▼箱の中身はマウス本体、充電用microUSBケーブル、英語による説明書。保証書らしきもの。

BluetoothマウスをChromebookに導入

▼写真で見てわかってはいましたが、薄いです。Appleのマウスに形が似ているような気がしますがこういうトレンドなのでしょう。

BluetoothマウスをChromebookに導入

▼充電ポートは前面にあるmicroUSBのメス端子です。ちなみにこのmicroUSBポートはチョット入れづらいです。まあ1回満充電すればかなり持つ(使い方によっては1ヶ月半というレビューあり)らしいから我慢しましょう。

BluetoothマウスをChromebookに導入

▼裏面はON/OFFスイッチ、Bluetooth接続用スイッチ、あとは通常の発光部と受光部です。

BluetoothマウスをChromebookに導入

▼microUSBケーブルをつなげるとホイール部分が発光します。BluetoothマウスをChromebookに導入

Chromebookと接続

マウスの裏面の電源を入れ、黒いボタンを長押しします。

▼Chromebookの設定からBluetooth設定を開いてやや待つと当該マウスが現れますのでクリックして選択します。

BluetoothマウスをChromebookに導入

▼接続にトライして「パスキーが表示されていること云々」とメッセージがでましたが、相手はマウスなので表示はありません。別に考えないで承認します。念のため周りに何もデバイスがないことを確認して行いましょう。カフェとかでやったら危険かもよ。

BluetoothマウスをChromebookに導入

▼数秒ネゴシエーションしたのでしょう。ちゃんとペア接続ができました。

BluetoothマウスをChromebookに導入

Chromebookでマウス使うのって快適♥

今までChromebookをイマイチ使いこなせない、本体価格は安いし動きも結構軽いのになんで?って思っていました。

確かにWindowsやMacのようにアプリが豊富かというとそうではありません。メインマシンにはなり得ません。

でもそれだけじゃなかったんですね。

Chromebookってノートタイプばっかりですが、必ずトラックパッドがついています。

ここでChromebookのトラックパッドの操作方法について考えてみます。

やりたいこと 操作
 カーソル移動 1本指でさらさらする
テキスト選択 最初または最後をダブルタップしてそのまま指を離さずドラッグするか、最初または最後を強くクリックしてそのまま力を緩めずドラッグする
右ボタンクリック 2本の指でタップ
1語選択 ワードの上にカーソル置いて1本指でダブルタップ
スクロール 2本指で上または下にスワイプ

一見普通の操作なんですけど、テキスト選択が曲者でちょっと面倒くさいんですね。

これがマウスになるとパソコン使う人なら誰でもわかるかなと思いますが、左ボタンクリックでスタートしてドラッグして選択するという現代では当たり前の操作です。

これだけのことがトラックパッドでやるとなかなか面倒なのに、マウスでやると超簡単。

ちなみにAppleのMacでのトラックパッドでテキスト選択するときは3本指でスタートからドラッグすればできます。簡単です。

それがChromebookだけは操作が面倒くさい。

テキスト選択だけではなくファイル操作ウィンドウでファイルを複数選択するときも同様です。タッチパッドでの操作と比べてマウスでの操作が断然快適でもっと早くマウスを使うようにすれば良かったと悔やまれるほどです。

とはいえ有線マウスだとコードがうざいですね。あと無線とはいってもなぜかほとんどの無線マウスには受信機がついています。

あれもUSBポートを塞ぐから嫌いです。特にChromebookなんてUSBポートが豊富にあるわけじゃないから愛機のたった1箇所のUSBポートをマウスの受信機で塞ぐのなんて嫌でした。

そういった理由でBluetoothマウスです。

Bluetooth接続でのマウスは途中で接続が切れるとかってレビューで見かけましたが今のところそういうことは起きていません。

自分の場合、実際にはマウスを使う頻度なんて大したことないからかもしれません。もっとマウスばっかり使うアプリで操作したら接続がどうなるかはわかりません。

まとめ

Chromebookでどうもちょっと使いにくいと感じたら思い切って(思い切るほどお高くもないけど)無線マウスを導入してみましょう。

思いがけず使いやすいパソコンに早変わりするかもしれませんよ。

ただし、今回購入したマウスの質感は決して高級なものではないので消耗品と割り切って使うべしです。

やたら高級なマウスを買ってすぐダメになるというリスクもありますから結局買うのって安め安めになってしまいます。

Macではどうか

2017年12月時点でOSがmacOS High Sierraというバージョンなんですが接続できません

原因がわからないのとドライバーの入手ができないので対処ができずMacで使うことは目下のところ諦めています。

追記

何回かちゃんとChromebookで使えていたのですが、いつからか反応が悪くなってしまいカクカクがものすごいマウスになってしまいました。

残念ながら速攻で初期不良という判断をさせていただき返品処理を行いました。1ヶ月以内の初期不良なら返品可能という商品で良かったです。

ただしまだちゃんと返金してもらえるかどうか安心はできませんね。過去にこういうことがありました。

サイクリストは勘違いに注意!Amazonではレーパンは開封しただけで返品不可。知らずに返品すると金も商品も戻らないダブルパンチを食らう

そのときは諦めましたが、マウスは2000円足らずなので最悪のときは諦めます。一応返金申し込みをして速攻で次のマウスを注文しました。

とにかくマウスを使うと超絶快適ということは実感できたのでChromebookでマウスを使わないという選択肢はもうありません。

2個めのBluetoothマウス

さきほどのほぼノーブランドのマウスは2回めか3回目の使用のときに使い物にならないということが判明しましたので返品して次のマウスを即入手しました。

なにしろChromebookを使うにはマウス無しではやっていけない体にされてしまいましたから。

▼買ったのはこちらのマウスなんですが、Amazonで2種類の世代が売られていました。マウスなんてそんなに世代が進もうとそんなに変わらんだろうと思い古い世代のマウスを買いました。

まあせいぜい200円ぐらいの差なんですけど値段の違いによる性能の差がどうしても理解も想像もできなかったもので。

エレコムBluetoothマウス

なんとこのマウス、面白いことにトランスフォームできるんです。

仕様は一応Bluetooth対応で光学式で充電式です。

エレコムBluetoothマウス

▼手で持つとこんな感じの大きさでやや小さいのと一般的なマウスのように卵型じゃないのでフィット感は実際イマイチです。

エレコムBluetoothマウス

▼それでもテーブルに置いてつかむとマウスっぽいでしょ。

エレコムBluetoothマウス

▼裏側にON/OFFスイッチと発光部受光部があります。

エレコムBluetoothマウス

▼ホイールの手前にバッテリーインジケータランプ。

エレコムBluetoothマウス

▼ホルダーから本体を外したところのゴムをめくるとUSBチャージポートとペアリングスイッチがありました。

エレコムBluetoothマウス

▼本体をホルダーにしまうとこんなにコンパクトになってしまいます。

エレコムBluetoothマウス

ペアリングは1個めのマウスと同様で簡単にできました。

そして動きですが、1個めのマウスのような話にならないカクカクはないです。

ただしもう少し使ってみないとなんとも良い判断は下せないところであると知ってしまいましたのでしばらく要観察といったところです。

今のところ使えるという判断ですが明らかに使える!かやっぱりダメか!と判断できたらまた追記します。Macでも使えました。ただMacだとやっぱりトラックパッドのほうが少し便利です。


▼こちらが新世代のマウスですが違いがわかりません。

フォローする

関連記事と広告