PUMPKINカーナビにバックカメラ接続して後退時にも安全運転

バックカメラ接続

特にこれといった内容でもないんですけど、PUMPKINカーナビをインストールしていてバックカメラも映るようにした話です。

PUMPKINカーナビはバックカメラも接続できるし、ちゃんとバックギアに切り替えたときの信号を接続してバックギア連動にできます。

 

スポンサーリンク
PUMPKINのAndroidカーナビ導入

バックカメラのRCA出力とつなげるのと、バック信号をクルマから取ってつなげるというただそれだけです。

バック信号だけつなげてカメラを繋げないと▼こんな運転補助線だけ表示されました。カメラをつなげると冒頭画像のように後ろの景色も映ります。もっともバックドアを開けた状態でしたから映っているのは空です。

バックカメラ接続

ちなみに我がステップワゴンRGはもう10年以上前のモデルで古く参考にはならないかもしれませんが、バック信号の場所としては運転席右のコインボックスを外した奥に潜んでいます。

▼こういうふうにコインボックスASSYを外すとコード類がダラダラと出てくるかというとそんなことはなくぼくがカスタマイズした痕跡が痛々しく残っているだけです。
ステップワゴンRGのバック信号場所

▼コインボックスの奥をよく見ると赤い箱みたいなのがあって、その下に黒い箱みたいなのがくっついています。そのすぐ左に見える緑色のカプラーを外します。

ステップワゴンRGのバック信号場所

▼緑色のカプラーについている茶色のコードがバック信号です。線がすごく細いのでワンタッチの圧着カプラーは細い線用のものを使いましょう。でないとちゃんと機能しません。

ステップワゴンRGのバック信号場所

あとがき

といったところでPUMPKINのカーナビに無事バックカメラも取り付けて映せるようにできて後退時の事故を未然に防ぎたいと思います。

人生は前進あるのみ。車ではしばしば後退もします。

バックカメラはAmazonで買った安いやつですが問題なしです。
バックドアをぶつけるのは懲りたのでバックカメラを再度取り付けるステップワゴンRG詳細