Zenfone2でSmarTALKの着信をちゃんと受けられるようにする設定

ASUS zenfone2(ZE551ML)開封
Smartalkという通話アプリを使っています。いずれ周りの人達が皆Gmailアカウントを取得したら通話はハングアウトにシフトしようと思っていますが、いまはまだ電話を使わなければなりません。

もちろんMVNOで普通に通話機能を使おうと思えば使えますが、料金は高いです。通信は安いけど通話は高いということをよく覚えておく必要があります。

そこで通話を当面Smartalkアプリで賄うわけですが、少々このアプリは癖がある気がします。

バッテリーに余裕があるスマホならそんなことはないのかもしれませんが、バッテリーをできるだけセーブして使おうとするとどうもSmartalkの着信がうまくできないことがあります。

どういう設定にすれば良いのか以前にズルトラのときも節電アプリを疑ってなんとか解決しましたが、機種ごとに節電の設定は違います。

そこがiPhoneと違ってやりにくいところでもあります。
今回はZenfone2でのSmartalk着信をうまく行かせ、かつ節電もそこそこできる(はずの)設定を晒してみます。

スポンサーリンク

Zenfone2でSmartalk着信確実にする設定

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
無料
posted with アプリーチ

設定アプリでの設定

1左)まず設定→電力管理→省電力設定→バッテリーモードと選んでいきます。
その中でスマート節約モードを選択するまでが左の図です。そのあと右の歯車をタップします。

2右)スマート節約モードの設定項目の中のプッシュ通知を使用するIMとアプリという項目のチェックを外す。
3右)拡張待ち受けをチェックしてさらにタップするとまた展開されて次の画面になります。
バッテリーのモードを設定スマート節約モードの設定

4.拡張待ち受けのリアルタイムで更新するアプリ一覧を決めます。
ここでSmartalkをONにする。オフになっているアプリが多いほど節電になり、オンになっているアプリが多いほど節電でなくなるという意味だと思います。必要最小限のアプリだけ常に動いているように自分なりに設定しましょう。
リアルタイムで更新するアプリを決める

Smartalkアプリでの設定

Smartalkの設定で着信方法をプッシュ通知にしておくのです。
Smartalkでは着信通知をプッシュ

まとめ

これでZenfone2がスリープ状態でもちゃんと着信できるようになりました。
ソフトバンク解約したあとMVNOで通話機能付きのSIMにするかそうでないSIMにするかで毎月700円違ってきますからね。
これできっぱりと通話機能無しを選択できます。

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
無料
posted with アプリーチ


DMM mobile 通話SIMプラン 1GB

フォローする

関連記事と広告
関連記事