ブログのRSSフィードを読むのってもう下火かもしれないので無料でそこそこ便利なの

flickr
ブログのフィード(RSS)を読むようになって数年(4年ぐらい)経ちます。その間にgoogle readerというのがサービス打ち切りになって少々騒がしくなった時がありましたが、今はRSSフィードそのものを読む事自体が下火になっているかもしれません。
Photo:RSS By jintan

でも自分は相変わらずお気に入りのブログの更新を楽しみにしていてRSSフィードというサービスなしには人生が寂しくて仕方ありません。

そんな寂しがり屋の人にとってどのRSSリーダーアプリを使うかというのは結構重大な問題ではないかと思いますが、自分もそうでした。

iPhoneの時はNewsifyという無料で広告も出ないで使いやすいリーダーアプリを常用していましたが、ズルトラになってからは同じアプリがなくしばらくいろいろ使って試していました。

そんな中で結構長期にわたって利用していたのがgReader|Feedly|News|RSSというアプリでしたが、有料版と無料版とあります。使い勝手が良ければ有料版にお金を払っても良いかと思ってしばらく使っていたのですが、有料版にしても完全に気に入って使えるとはどうしても思えなかったので広告が表示されるのを我慢して無料版を使っていました。

そうしているうちに新たなアプリと出会いました。それが今日ご紹介するFeedlyReaderというあぷりです。

スポンサーリンク

FeedlyReader

FeedlyReader

FeedlyReader
開発元:abc soft
無料
posted with アプリーチ

▼使い方は非常に単純です。gReader|Feedly|News|RSSというアプリにも似ています。feedlyというサービスにRSSのURLを登録しておけば連動して読み込んでくれます。画面を下に引っ張れば未読の記事とすでに読んだ記事とが同期されます。ですから他のパソコンでfeedly購読を済ませたものはこちらのFeedlyReaderには載らないし、FeedluReaderで既読になったものは「同期する処理を行っておけば」パソコンで見た時に既読になっています。
FeedlyReader

▼記事閲覧時に画面上下にあるいくつかのアイコンをタップすればだいたい必要な機能が使えます。
上の四角と矢印のアイコンをタップするとgoogle chromeブラウザで今見ている記事を開き直します。画面下部にでてくるアイコンの中のwebというのをタップしても見られますがこちらはFeedlyReaderのアプリ内でのウェブビューへの切り替えです。
記事切り替えの方法は二通りで左右にフリックすると前と後ろのページに移動するというやり方と、画面下部に出てくる<と>をタップしても閲覧記事を前後へ移動できます。

また画面下部に出てくる四角と右向きの矢印がセットになった形のアイコンをタップするとPOCKETなどのあとで読むサービスへ送り保存しておくことができます。
FeedlyReaderFeedlyReader

▼誰かにシェアしたかったら画面上部にある・(点)が縦に3つ並んだアイコンをタップするといくつか書かれているメニューが現れますのでShareというのをタップすればよいのです。
その後たくさんのアイコンが現れますのでLINEやらメールやらあるいは、TwitterやらFacebookやらでシェアすればよいかと思います。
FeedlyReaderFeedlyReader

こうして見てみると操作が比較的単純で使い勝手はまあまあ良いかなと思っています。ただ自分の場合は使っている端末の画面が大きいのでページ(記事)送りが厄介なのは仕方ないかなと諦めています。

それでも画面に広告が出ないし、スピードは特に不満はないし、機能は揃っているしでこれは使えるRSSリーダーかなと思います。

ただし一つだけ気をつけなければならないことがありまして、たくさんRSSフィードを購読している人は失敗するとうんざりするかもしれません。どういうわけかわかりませんが、ページをめくっただけでは既読扱いになりません。ちゃんと画面を戻して同期という操作をしてやらないとダメなんです。
記事一覧が並んだ画面まで戻って右上のメニューからSyncというのをタップしてやれば同期がされて既読とそうでないものが区別されます。または記事一覧を下に引っ張って離す動作をすることでも同じく同期処理がされます。
FeedlyReader

今日の@semiboze(半禿)はこう思ったよ

これ(同期処理)をやらずにアプリを終了してしまうと再び開いた時同じ記事が未読として表示されます。これはパソコンから開いても同じく未読扱いになったままです。ですからひと通り記事を見終わったあとでも、途中で中断するときでも区切りとしてこのSyncという動作を行う必要があります。

これさえ不要になれば「ほぼ」自分にとって完璧なRSSリーダーとなりますので今後のアップデートに期待しましょう。

FeedlyReader

FeedlyReader
開発元:abc soft
無料
posted with アプリーチ

フォローする

関連記事と広告
関連記事