遅いSIMから速いSIMへのMNPで2ヶ月遅れた3つのミス

2021年春に携帯電話業界に激震が走った。

NTTDOCOMOがahamoとかいうプランをぶち上げてそれまで月7000~9000円(?)ぐらいだった基本料金を2980円(税抜?)に大幅値下げしたのだ。

それに伴い、他の大手キャリアも値下げを発表し、またMVNO各社も呼応するように値下げプランを発表しだした。

我が家の通信コストダウン担当であるわしは息子くんが使っている回線をIIJmioからワイモバイルに切り替える気満々でいた。

が、一応IIJmioの値下げプランを見てみようと待っていて4月に思い立ち、結局5月中にIIJmioからY!MobileにMNPできたはずが7月からになってしまったという話。2ヶ月無駄にした。

その原因と対策についてまとめたので参考にしたい方は参考にしてほしい。

スポンサーリンク

IIJmioからワイモバイルにMNPしたときの躓き3点

躓き1:4月でMNP手続きして5月から移転できたはずが2ヶ月ずれた
躓き2:SIM届いてすぐSIM以外の同封書類(MNP移転連絡電話番号書かれている)捨てた
躓き3:6日後の自然切替を待って放置し予約期限切れになりすべてがあと1日ずれていたらさらにもう1ヶ月無駄にするところだった

躓き(MNPが実質2ヶ月遅れた)の経緯1

IIJmio解約決める

かれこれ3年以上使ったIIJmioだったが3年以上使っていたのにはそれなりに理由があり、メリットがあったからだ。

それはファミリーシェアプランというのが通信容量の割に価格が安すぎて浮気できないようになっていたから。

しかし遅い。通信速度が遅すぎて我慢ならない。携帯電話各社が価格を下げたタイミングで今まで(IIJmioでのファミリーシェアプラン)と同等でもっと速い回線に変えられるなら変えようと思い立つ。それがワイモバイル

複数端末複数SIMで安く速く行きたかったらY!mobileという選択
この記事は2021年春に一斉に携帯電話各社が値下げをした結果、相対的に速くもなく安値でもないかもしれず相変わらず搾取されているのではと不安になっている人に筆者個人の検討を元に到達した結論を提案する。 家族または自分ひとりで複数SIMを...

すでに嫁の回線はワイモバイルにMNP済みなので2回線めである息子くんのもY!MoibleにMNPしようとしたのは当然の流れである。

IIJmioも料金改定していた

ところがahamo、LINEMO、povoとか出たあとでのさざなみとはいえMVNO料金改定という第二波が押し寄せていた。

IIJmioも価格改定したのだ。

IIJmioはギガプラン誕生というわけでどうも安くなってるっぽい。だがしかし自分にとって改善か改悪か不明なのは多少価格下がるっぽいがファミリー(複数SIM)でのシェアができるのかどうかよくわからないという点だ。

すでにIIJmioには興味がほとんど失せていたからよく調べる気にもならなかった。

携帯電話会社のなかには価格を大幅にさげましたとかいって実はどこかで落とし穴をもうけ実は消費者をだましているようなのがそこかしこで見られる。

だから騙されたくない。

でもIIJmioの料金体系変更にもすこしだけ興味がある。

いまさならがら少しでも節約しようとプラン変更してもうた。

ギガプランに変更してしまった

すぐにでもMNP予約すればよいものをなぜか4月末にIIJmioで新しくでたプランに変更申込してしまった。

だがしかしここに落とし穴が潜んでいた。ギガプランは2ヶ月しばりで申し込み翌月と翌々月である5月と6月は動けないということを変更してから知ったんだ。

いまどきふつう音声通話でも最短契約期間とかっていう縛りはないって思うじゃない?

つまり4月にMNPを思い立つも、うっかりプランを変更してしまったため6月いっぱいまではIIJmioのままでいなければならないことが確定してしまった。

時系列の整理

4月中旬〜下旬IIJmio料金改定発表
4月〃IIJmioでプラン変更申請ファミリー複数回線
4月プラン変更申請後MNPすぐできないと知る
5月初旬MNP予約申請しようとするも不可
5月初旬ファミリーシェアの他回線解約も不可
5月初旬2ヶ月しばりあると気づく
6月初旬MNP予約ようやくできる

躓き(SIM届いてすぐ同封書類ハイキ)の経緯2

6月初旬MNP予約

IIJmioの2ヶ月しばりが解除される6月末でのMNP移転をめざし6月11日にIIJmioのサイトでMNP予約申請を行った。

そしてMNP予約番号通知のメールがきたのが6月12日だった。その日ふくめて15日間だから期限は6月26日である。

余裕でMNP移転完了すると思った。

6月12日にYmobile申込み

予約番号の通知されたその日にすぐワイモバイルにMNPを申し込んだ。

だが2回線目で家族割引を適用してもらうために追加の書類を用意するために役所に出向かなければならないなどよけいなタスクが増え、実際に申し込み手続きが完了したのが19日になってしまった。

それはそれで仕方ない。めったにやらないことだからテキパキと進められなかったがここらへんに関してはほぼ過失はないものと考える。

6月21日移転先SIM届く

さきほどのような必要書類が不備などあって4〜5日ロスしたがようやく6月21日にSIMが届いた。

まだその日ふくめて今月は10日残っているからMNPは余裕だろうと思っていた。

それに数週間前に嫁氏の電話もMNP終わらせたばかりだから大丈夫って油断していた。

ただ息子用の回線であるのと、息子が不在だったので手元にSIMが届いても今すぐできず息子と会ったときやればいいと油断していた。

ワイモバイルから届いたSIMの入った封筒を開封してSIM以外以外すべて捨ててしまった。魔が差したとはこのこと。

翌日ゴミの日だったのでさっさとゴミをまとめて翌朝収集所に捨ててしまうまで、帰宅が遅かった息子くんとは会わなかったのだ。

自分自身のことでないとついついどこか手を抜いてしまうのは悪い癖だ。

時系列の整理

6月11日IIJmioにてMNP転出予約申請
6月12日IIJmioよりMNP予約番号届く
6月12日YmobileにてMNP転入申し込み開始
家族割引の必要書類入手
6月19日申し込み完了
6月21日YMobileのSIM届きSIM以外書類廃棄
6月22日ゴミ収集
6月22日電話番号わからずMNP手続きできない

躓き(手続きしないまま放置しMNP予約期限切れ)の経緯3

切替方法がわからない

帰宅時間がずれて何日か息子くんと会わない日が続き、ようやく顔を見てSIM交換をやるためにIIJmioのSIMを預かるも、そのとき初めてネットで調べてみると電話を掛ける必要ありと書かれている。

しかもワイモバイルの公式サイトをいくらみても番号が書かれていない。公式サイトには「同封の紙をみろ」とだけ。

おい、なんでだ?ここにさっさと紙をすててしまう間抜けがいるんだぞ。そういうことも想定して電話番号も公式に載せとけよ(半泣)

ただ放置でも6日後には自動切替されるという。まいっかという感じ。

MNP切替連絡を怠った

まさかと適当にかまえていたのだがMNP予約期限が先にきてしまった。

時系列を追ってみると

  1. 6月21日SIM着→切替期限は6月26日→自動切替は27日(午前0時?)
  2. IIJのMNP有効期限も6月26日

ということでIIJmioのMNP有効期限のほうが先に切れてしまった。

そんな不手際を自分でも放置していたわけではなく、IIJmioの有効期限が切れた6月27日にすぐまた予約しようとしたらなんと予約できない。クソだ。予約が切れた翌1日はなにも操作できないような仕様なのか?

で、結局予約申請できたのが28の夜だったか29日になってからだったか。

そしてしびれを切らしたワイモバイルから「どうした?なにやってる?」とばかりの督促電話が息子くんの電話に来てしまった。(6月28日月曜日)日曜日はさすがに仕事しないらしい(憶測)。

その夜(6月28日)、俺がおりかえし電話してカクカクシカジカとまぬけな経緯と、ふたたびMNP予約申請をしたいがまだできないということを話して相手に苦笑いをされてしまったっぽいが言われたのはこうだ。

「IIJmioの締日6月30日でもなるべく早い時間に連絡を貰えればぎりぎり間に合う(月内解約)でしょうから番号取れたら至急にてこの電話番号に連絡ください」という旨。

ぎりぎり間に合って6月30日の昼頃だかに移転は済ませることができたが、ネットでもっとよく探せば移転手続きの電話番号は見つかったんだ。

時系列の整理

6月22日切替手続き用の電話番号わからない
6月26日IIJmioのMNP転出期限
6月26日YMobile自己切替期限
6月27日YMobile 自動切替できない
6月27日MNP自動切り替わりされていないと気づく
6月27日再度IIJmioにてMNP予約取ろうにも不可
6月28日YMobileより問い合わせの電話あり釈明する
6月28日IIJmioで再度MNP予約申請
6月29日23時IIJmioよりMNP予約番号届く
6月30日10:00 YMobileに電話し移転手続き完了
6月30日昼頃MNP完了

なぜなぜ5で整理しよう

5月からワイモバイルにいけたはずが7月になったか

躓きポイント→6月いっぱいまでIIJmio解約できなかった
なぜ解約できなかった→2ヶ月しばり気づかなかった
なぜ気づかなかった→規約を読まなかった

5段階まで深く掘れないが要するに規約をよく読まなかったせいで2ヶ月無駄にした。

なぜ有効期限を過ぎたか

躓きポイント→MNP予約有効期限をすぎた
なぜ過ぎた→SIMが届いて期限内に連絡しなかった
なぜ連絡しなかった→電話番号書かれた同封紙捨てた
なぜ捨てた→ネットで調べればわかると思っていた

要するに手続きが終わるまで同封書類も捨ててはいけないということ。

なぜMNP期限をすぎるまで放置していたか

躓きポイント→放置していた
なぜ放置していた→自然切替が間に合うと思った
なぜ間に合うと思った→間に合わなくても大損はないと思った
なぜ大損ない→最悪でもネタにはなる
なぜネタになる→ブログのネタになると思う性

対策

以上のことから導き出される己への教訓としては以下だ。

  1. 熟考せず計画を転換しないこと
    MNPすると決めたのならやたらうろたえず転換をしないほうが安全である
  2. すべて完了するまで書類は廃棄しないこと
    ネットでなんでも調べがつくという過信をしすぎて紙はすぐ捨ててしまう癖がついているが数日は保管しておく心の余裕を持つとともに、身の回りの5Sも気をつけること。
  3. 諦めず手をつくすこと
    電話番号がわからなかったといっても日本国内だけでも星の数ほどあるブログやらニュースサイトやら情報が氾濫しているので検索1ページ目になくとも諦めずにもっとよく探してみること。
複数端末複数SIMで安く速く行きたかったらY!mobileという選択
この記事は2021年春に一斉に携帯電話各社が値下げをした結果、相対的に速くもなく安値でもないかもしれず相変わらず搾取されているのではと不安になっている人に筆者個人の検討を元に到達した結論を提案する。 家族または自分ひとりで複数SIMを...
タイトルとURLをコピーしました