Andoroidカーナビ「PUMPKIN」の一部不具合で交換したり一部操作性悪いところありますが好きです

代品で届いたPUMPKINPUMPKINのカーナビを取り付けて使い出して3ヶ月程度経ちました。

少々荒削りな作りではあるもののAndroidスマホと同じような自由度でカスタマイズできるカーナビという特色はお仕着せのディーラーオプションカーナビにはない楽しさをもたらしてくれています。

実はホームボタンのスプリングが効かずちょっと触れただけですぐホーム画面に戻ってしまうという不具合を取扱店に連絡したところ交換に応じてくれたので冒頭画像はその代品として届いた2台目です。

自然故障の保証期間は18ヶ月ありますから安心です。

PUMPKINナビ気に入らない点

今までPUMPKINナビを絶賛してきましたが、気に入らない点もなくはないです。今回はそれらをいくつか挙げていきます。

スポンサーリンク

ぼくが買ったモデルはすでに販売停止になっているようですので後継とみられるモデルを載せておきます。
B07QR2KC3W
PUMPKIN Android 9.0 カーナビ 7インチ 2din ナビ 32G オーディオ Bluetooth Wifi Google Map GPS OBD2 ミラーリンク 1秒起動 マルチメディア USB SD 18ヶ月保証

¥ 31,800(2019/07/10 21:33時点の価格)
平均評価点:5つ星のうち4.5
>>楽天市場で探す
>>Yahoo!ショッピングで探す

メーカーは違いますが画面サイズの大きいタイプもあります。
B079NWBF7L
(TM100SIL) XTRONS 最新 8コア Android8.1 静電式 2DIN 一体型車載PC 10.1インチ 地デジ搭載 フルセグ 回転可能なモニター ROM32GB+RAM2GB マルチウィンドウ OBD2 4G WIFI ミラーリング GPS Bluetooth

¥ 54,800(2019/07/10 21:35時点の価格)
平均評価点:5つ星のうち2.7
>>楽天市場で探す
>>Yahoo!ショッピングで探す

ベゼル(液晶のフレーム)が盛り上がっているので画面の端をタップしにくい

そう、普通のスマホだと画面の端が段違いになっていてタップできないなんてことないですね。

ところがPUMPKINのこの機種の場合、フレーム部分より液晶が引っ込んでいるため画面の端をタップするのが大変なんです。

画面の端をタップしたいときは意識を集中して指先ができるだけ細くなるようにそーっと「ツン」って感じで押します。決してピタっと指を押し当てるようにタップしたら誤タップ間違い無し。

次回設計時には改善してほしいところのひとつです。

ソフトキーボードが微妙に使いづらい

これは慣れの問題かもしれませんが、入力するとき画面下半分にQWERTYキーボードが表示されます。

で、実際に押したいキーのやや上だか下だかを押さないとそのキーがうまく入力できないときがあります。

スマホを使っている感覚で同じように打つと「あれ?違うキー押してる」ということがときどき起こります。

それとなぜかあかさたなキーボードがありません。したがって「あ」のキーを上下左右にフリックして入力するという使い方ができません。

もしかしたら別の入力アプリを入れれば使えるようになるかもしれませんが、まだこの辺はそれほど試していませんが今の所ガラケータイプのキーボードは画面に現れません。

入れたアプリによっては再起不能になるww

アンドロイドスマホと同じだからといってなんでも入れて大丈夫かというとそうでもないようなのです。

前になにか興味本位で入れたアプリがどうも相性が悪かったようでクラッシュしてしまい再起不能の疑いになってしまったことがありました。

▼突然こんなテキスト画面になったら焦りますw

PUMPKIN再起不能

で、選択肢は再起動してみるか工場出荷状態に戻すかというものですからまるっきり文鎮状態になるわけではありません。

ちなみに上記画面になったらタッチ操作は効かず、左の丸いボリュームつまみをプッシュして項目移動、長押しでその項目選択だったように記憶しています。

今まで3回か4回ほどこういう画面に遭遇しましたが、そのうち2回ぐらいは工場出荷時に戻し、2回ぐらいは再起動して回復しました。

再起動で戻るのなら良いですが、工場出荷状態にしなければ回復しないとなるとせっかくいろいろ入れたアプリがパーになるのでちょっと残念です。

ただカーナビ内のローカルストレージになにか保存するということは自分の場合まずないのでアプリ入れ直しの面倒があるというだけです。

いまさらステップワゴンRGでの取り付け大まかな流れについて

ステップワゴンRGはすでに2世代も前の型式ですからこんなの公開してもあまり意味ないかもしれません。

ただホンダ製なら多少の類似した構造もあるかもしれないので載せておきます。

まずはインパネ上部の物入れをガバっと外して屋根の飛んだ家のような状態にします。

パイオニアからPUMPKINへ載せ替え

そしてオーディオ取り付け部分の樹脂フレームを外すのですが、この車種の場合以下のようにします。

ガムテープなどのちょいと強めのテープをフレーム下部に2箇所貼り、一気に同時に引っ張るとカポッと抜けます。
パイオニアからPUMPKINへ載せ替え

▼フレームがカポッと抜けたらビスがむき出しになりますので緩めればオーディオまたはナビ等が外せます。

もちろんビスを緩めて多少オーディをを手前に引くとともに裏側の配線類を外すこともお忘れなく。パイオニアからPUMPKINへ載せ替え

そしてPUMPKINのナビに換装です。軽さがカロッツェリアなどのナビと段違いでおそらく1/2あるいは1/3程度しかありません。クルマの軽量化にもなりますので燃費向上につながります。パイオニアからPUMPKINへ載せ替え

PUMPKINカーナビはおすすめです

アンドロイドカーナビこんな人におすすめ

PUMPKINに限りませんが、Androidカーナビを使ったら絶対イイよっていうタイプの人はこんな感じでしょう。

  1. ちょっと人とちがうもの持ちたい
  2. そこそこ通信容量に余裕あるSIM持ってるまたは持てる
    ちなみにUSB電源ポートがあってこういうのつなげて通信できます。
    HUAWEI E8372h - 155 4G LTE 150Mbps USB WiFiモデムルータ
    またはAmazonだと
    HUAWEI E8372h-153 モバイル ルータ 4G 150Mbps
  3. カーナビの取り付けなんて朝飯前とはいわずとも1日あればできる
  4. Amazonプライムなど利用していてネットから音楽をストリーミングで聞く機会のほうが多い
  5. 好きなアプリをカーナビにインストールしてスマホ代わりに使いたい(実際にはそこまで便利でもない)
  6. 渋滞情報そこまで緻密にでなくても耐えられる

上記の条件に1つか2つ当てはまる程度であればちょっとやめておいたほうがいいでしょう。逆にすべて当てはまるよって方はもう何をぐずぐずしているんですか(笑)

早く買ってこの楽しさを体験しないと!

こんな人はやめといたほうがいいな

逆にやめておいたほうがいいでしょうっていうタイプはこういう人でしょうか。

  1. 得体の知れないものは使いたくない
  2. スマホすら持ってない
  3. 車内で音といえばラジオぐらいしか必要ない
  4. パイオニアやパナソニックやKENWOOD、せめてユピテルとかじゃないとカーナビは信用できない
  5. 15万やら20万かかってもクルマ買うときディーラーで付けてもらったほうが何かあったとき世話ないと思う

あとがき

今や誰もがスマホを持つ時代です。

しかし自動車に搭載されるカーナビはまだガラケーみたいなものが大部分です。Android AutoやAppleのCar Playとやらはまだ一般に普及するまで時間がかかるでしょう。

そんなもやもやを解消してくれるのがAndroidカーナビです。

(多少の不具合はあるものの)本当に買ってよかったと思える機械でした。

次回自動車を買ったら絶対Androidカーナビをまた自分でつけるでしょう。

そのときには今よりもっと進んだ故障の少ないものが出ていることでしょう。

ぼくが買ったモデルはすでに販売停止になっているようですので後継とみられるモデルを載せておきます。
B07QR2KC3W
PUMPKIN Android 9.0 カーナビ 7インチ 2din ナビ 32G オーディオ Bluetooth Wifi Google Map GPS OBD2 ミラーリンク 1秒起動 マルチメディア USB SD 18ヶ月保証

¥ 31,800(2019/07/10 21:33時点の価格)
平均評価点:5つ星のうち4.5
>>楽天市場で探す
>>Yahoo!ショッピングで探す

メーカーは違いますが画面サイズの大きいタイプもあります。
B079NWBF7L
(TM100SIL) XTRONS 最新 8コア Android8.1 静電式 2DIN 一体型車載PC 10.1インチ 地デジ搭載 フルセグ 回転可能なモニター ROM32GB+RAM2GB マルチウィンドウ OBD2 4G WIFI ミラーリング GPS Bluetooth

¥ 54,800(2019/07/10 21:35時点の価格)
平均評価点:5つ星のうち2.7
>>楽天市場で探す
>>Yahoo!ショッピングで探す